作者別: tenplas

【重要】10周年プロジェクト「テンプラス」について

4月25日に予定していた「テンプラス~桜舞う2種盛」無観客上演について、新型コロナウィルス感染症が拡大している状況、ならびに感染拡大防止の観点から、上演・配信を断念することを決定いたしました。

楽しみにしていただいた皆様に深くお詫び申し上げます。

この状況下でも、短編演劇・少人数の出演であることを利点として、最大限の感染予防対策を実施しながら、稽古に臨んできましたが、12日に発表された北海道・札幌市の「緊急共同宣言」を受け、出演者や関係者の健康面・精神面を考慮し、稽古の休止、配信を行わない判断を致しました。

ライブ配信をお知らせした際に書いた通り、星くずロンリネスにとって「唯一の望み」が絶たれた形となり、非常に悔しい気持ちでいっぱいです。

北海道・札幌市の「緊急共同宣言」の期間以降(5月6日以降)の動向にもよりますが、配信の延期や別な形での提供は出来ないかと模索しております。

続報をお待ちください。

また、5月以降の公演につきまして、次のように決定いたしました。

5月23日、24日に予定していた「劇団パーソンズ」と「劇団fireworks」との合同公演については、テンプラスの一環という形ではなく、星くずロンリネスが主催となり、3団体が短編演劇を上演する企画として、12月頃に延期予定です。

なお、出演者や演目は現在発表済みのものから変更になる可能性があります。

そして、10周年プロジェクトの一環として準備を進めていた、7月、9月、11月の演劇公演、並びに、8月のイベントのすべてを中止と致します。

星くずロンリネス10周年という節目の時なのですが、安全面や様々なことに配慮した苦渋の決断です。
どうかご理解の程、宜しくお願い致します。

最後に、感染症により亡くなられた方々にお悔やみを申し上げるとともに、罹患された方々に心よりお見舞い申し上げます。
そして、一刻も早い事態の終息を願っております。

星くずロンリネスを企画・運営するウェイビジョンでは、今回の一連の流れを受け、この状況下でも楽しめるプロジェクトへの切り替えを検討しています。

札幌の演劇やお笑い、音楽、すべての「楽しいこと」「面白いこと」「わくわくすること」が好きなお客様に向けて、何かを届け続けたいと考えております。
これからも応援宜しくお願い致します。

2020年4月15日(水)
星くずロンリネス 上田龍成

5月に出演しただく予定だった劇団より

今回、テンプラス 第二弾として企画されていた公演は、残念ながら延期という形になりました。皆さまに劇場でお会いできないのがとても悲しいし、寂しいです。
上田さんをはじめ、関わっている全ての人間が歯痒い思いを抱いております。
現状を見渡すたびに「我々はなんて年に10周年を迎えたんだ!」と声を大にして言いたくなります。
あらゆるものに振りまわされながら、提供する側、そして受け取る側としても、楽しみにしていた公演が延期や中止になっていくのをただ眺める日々が続いています。この状況がいつまで続くのか、全てが落ち着いた後に果たして以前と同じように活動が出来るのか。数えれば不安はいくらでも浮かびます。
それでもいつか必ずやと思っています。生きて、続けている限り、なんだって出来るとおまじないのように呟きながら。
無事に三団体がお祭り騒ぎをする日が来るまで、どうか楽しみにお待ちいただければ幸いです。

劇団パーソンズ 畠山由貴


楽しみにしてくださったお客様、ありがとうございます!そして申し訳ございません。
しばらくはこの状況が続くと思います。
前を向いて進んでいこうにも前が見えにくいです。本当にこっちが前なのかわかりません。
ですので、私達なりの「前」で進むしかないかなと思います。
私達は沢山悩んで、進みます。

悩んでいる皆さん!大丈夫です。
多分こっちが前であってます。

ではでは、ちょっと未来で会いましょう!

劇団fireworks 米沢春花

テンプラス~桜舞う2種盛~

星くずロンリネスが10周年に10作品を上演する企画「テンプラス」の第一弾は短編演劇2作品!
代表作「言いにくいコトは、、」の他、ミヤザキカヅヒサの名作「117」を上演。2プログラムに分け、それぞれ、人数違いの2種類を上演します。

星くずロンリネスに出たことある人も初めましての人も!札幌で活躍する俳優たちが共演!

Aプログラム

言いにくいコトは、、(4人版)

村上義典(ディリバレー・ダイバーズ)
曽我夕子(yhs)
小林なるみ(劇団回帰線)
宮澤りえ蔵(大悪党スペシャル)

117(1人版)

原田充子(Real I’s Production)

Bプログラム

言いにくいコトは、、(5人版)

隅田健太郎(yhs/ソライロ)
石鉢もも子(ウェイビジョン)
金子綾香
齊藤雅彰(超級市場)
ツルオカ

117(3人版)

桐原直幸(劇団fireworks/二度寝で死にたいズ)
池江蘭
高田敬介

「テンプラス~桜舞う2種盛~」
4月24日(金)~26日(日)
演劇専用小劇場BLOCH

>>>詳細はこちら

予約はこちらから

10周年記念グッズ案 大募集

星くずロンリネスの10周年を記念するグッズのアイディアを皆さんから募集します!
「あんなグッズ欲しいなー」「こんなグッズ便利じゃない?」「星くずに無茶ぶりしてみようぜ」など多彩なアイディアを大募集!
お一人様何度でも投稿可能です。面白いアイディアをお待ちしております。

参加手順


①アカウントをフォローする
Twitterアカウント【@unit_hoshikuzu】をフォローして下さい。

②グッズアイディアをつぶやく
ハッシュタグ【 #星くずグッズ #テンプラス 】を付けて、グッズのアイディアを投稿!

※応募にはTwitterアカウント(無料)が必要です。非公開アカウントや他のSNSに投稿しても採用となりません。

当選発表・郵送について


星くずロンリネスTwitterアカウントからダイレクトメッセージにてご連絡いたします。専用ページに入力して頂き、随時グッズを郵送いたします。
11月公演にご来場頂けない場合、何かしらのグッズを同封させて頂きます。
当選人数は未定です。面白いアイディア沢山お待ちしております。

7月末ごろまで随時発表していきます。公開状態にしていただきますよう、お願いいたします。

※当選の権利は当選者ご本人のものとし、第3者への譲渡は出来ません。
※賞品の発送は日本国内に限ります。
※同様のアイディアがあった場合、 抽選で1名様のみを当選とさせていただきます。ご了承ください。

応募締め切り


2020年2月20日(木)

星くずロンリネス10周年にあたり

代表挨拶

これまでのこと

2010年3月18日。当時札幌に存在した30人キャパのATTICというイベントスペースで満員のお客様の前で上演し、結成したのが「星くずロンリネス」です。

当初、大学の同期・星ひろみを中心としたユニットで、「星」と「くず(僕)」と、当時フリーでやっていた役者たち(ロンリネス)を集めたユニットでした。

結成時、僕は大学3年生で、周りはみな就職活動をしている中でした。エントリーシートなんて書いた記憶はありません。
大学の演劇研究会の同期や同世代の役者たちと芝居を作り 、ただ漠然と映像を生業にするんだろうなーとは考えていました。

あれから10年が経ちました。

相変わらず、星くずロンリネスの名前で芝居を作っています。 あと、結成当時に描いていた通り、今は映像を生業にしています。

当初描いていた芝居ユニットかと言えばどうでしょうね。

2014年、星くずロンリネスは僕一人のユニットになりました。
毎回、客演で役者さんを集めて、僕の台本で芝居を作るというプロデュース公演に近いような形になりました。
ひとりぼっちのユニットになってから短編演劇の大会で優勝させてもらったり、全国に行く機会もあったり、色んな出会いもあったり。他では出来ない体験をさせてもらいました。
 
 

10周年に何をするの?

さて、星くずロンリネスは今年10周年です。

何をやるかと言いますと「10周年に10作品やる」なんです。
2020年4月から11月までの間に5公演+1イベントを開催し、その中で短編演劇を中心に10作品を上演するプロジェクト「テンプラス」という企画をやります。

短編演劇の大会で優勝した代表作、これまでに上演した旧作、今やりたくて仕方のない新作などを上演します。

あ、「短編演劇を中心に」と書きました。
そうなんです。2013年に「さむらいスター」という作品を上演してから、一切、長編作品を書いてきていませんでした。遂に長編作品に向き合います。

詳細は追って追ってになります。スケジュールだけは早めに出したいなと思っています。が、こんなにもスケジュール調整って難しいのだなと年末年始バタバタしていました。

10周年だし、お客さまに楽しんでもらえるのはもちろん、関わる人や関わってきたすべての人が「面白い!」ってなる企画にしたいと思いますので、ご期待ください。

この投稿の最後に。

これまで星くずロンリネスを支えてくれた皆様に最大の感謝を。

2020年1月 星くずロンリネス代表 上田龍成