星くずロンリネスが4年6カ月ぶりの単独公演!

2010年の活動開始以降、2度の優勝を飾った「教文短編演劇祭」をはじめ、数々の演劇祭やイベントで短編演劇を披露してきた星くずロンリネス。

単独公演としては4年6カ月ぶりに、満を持しての、オムニバス公演を開催!

北海道の短編演劇の王者を決める「教文短編演劇祭」で2014年に初優勝し、全国大会に出場した 星くずロンリネスの代表作「キンチョーム」はキャストを変更した改訂版を初披露。

劇王Ⅺアジア大会で準優勝をおさめた「言いにくいコトは、、」はオリジナルメンバーの3人版を、札幌初披露!

上記2作品に新作短編演劇、映像企画を盛り込んだ星くずロンリネスの短編演劇オムニバス公演!

公演情報 [2017.12.24更新]

星くずロンリネス
短編演劇オムニバス公演
「くずコンピ」

日時

2018年 6月
8日(金) 20:00
9日(土) 11:00★/15:00/19:00
10日(日) 13:00/17:00

開場は開演時間の30分前
★=午前割(各200円引)

料金

一般  2000円 / 学生  1500円

午前割 各200円引(★9日11時回のみ)

当日は各200円増

予約はこちらから

演目・出演

作・演出:上田龍成(星くずロンリネス)

演目1「言いにくいコトは、、」
熊谷 嶺(霊6)/塚本奈緒美/大谷岱右(劇団リベラルシアター)

演目2「キンチョーム」
石鉢もも子/高田敬介/金子綾香

演目3「魚有(仮)」
作品詳細・出演者は1月下旬発表予定

上演時間:75分(予定)

会場

演劇専用小劇場BLOCH
(札幌市中央区北3条東5丁目 岩佐ビル1階)

Twitter
@unit_hoshikuzu
ハッシュタグ #くずコンピ

作品紹介

言いにくいコトは、、

10年付き合っているのに、彼女のお父さんに挨拶のしたことのない、飯塚。週末、初めて、彼女のお父さんに会う。

しかし、飯塚は彼女の妊娠という言いにくいコトを抱えていた。
言いにくいコトを重ね合い、彼女のお父さんとの距離を詰めていく。

カップルの言いにくいコトを伝えるコメディ。

言いにくいコトを乗り越えて、本当に言いにくいコトにたどり着け!

  • 教文短編演劇祭2017 優勝(5人版)
  • 劇王Ⅺ~アジア大会~ 準優勝

出演 熊谷 嶺(霊6)/塚本奈緒美/大谷岱右(劇団リベラルシアター)

 

 

 

キンチョーム

夏目漱石はI LOVE YOUを「月が綺麗ですね」と訳し、二葉亭四迷は愛の告白に対する女性の返答を「死んでもいいわ」と訳したという。

とあるBAR。ナス サツキは、先輩のスミ シュンタを待っていた。呼び出したのは、スミだった。スミは、後輩であるサツキちゃんに愛の告白をしようとしていた。しかし、極度の緊張で上手く告白することが出来ない。

そこで使うのは、通販で買った「キンチョーム」というクスリ。これを使えば、緊張が解けて、愛の告白はすんなり成功するはずだったのだが・・・

そこには、最悪の「罠」が待っていた。

  • 教文短編演劇祭2014 優勝
  • 第1回かもめ短編演劇祭 出場

出演 石鉢もも子/高田敬介/金子綾香

オンライン予約

お手数ですが、複数日時をご予約の場合は再度送信をお願いいたします。
自動返信メールが届かなかった場合は こちら までご連絡お願い致します。