短編演劇で演劇の魅力発信

上田龍成が立ち上げた、星-スター-になれない孤独なくずたちの集まるシアターユニット。

芝居を見たことがない人でも取っつき易いキャッチーなプレイスタイルと、言葉遊びや映像を使った無数の星のような小ネタが特徴。

2010年のプレ旗揚げ公演以後、年に1回程度、劇場で公演を行う他は、数々の演劇祭やイベント、飲食店での公演を積極的に行ない、ウェイビジョンの「劇場で芝居以外を、劇場以外で芝居を」の「劇場以外で芝居を」の部分を担当してきた。

2013年4月から、所属メンバーを持たない、上田龍成の個人ユニットとして活動形態を変え、2014年以降は短編演劇を中心に新たな作品を発表。

教文短編演劇祭の優勝をきっかけに、全国に活動の範囲を広げている。

2018年、久しぶりの単独公演を行なう。

 


▲クリックで特設ページ

 

活動歴

2010.03.18-22 プレ旗揚げ公演「カウンターアタックレディ-そして、彼女は反撃をする-」
2010.08.20 教文短編演劇祭参加作品「オサイファ-天使と悪魔と僕-」

2011.02.05-06 Sapporo Show-Case2011参加作品「パンスファ-大石さん家が大騒ぎ-」
2011.02.11 まちかど突然劇場参加作品「キンチョーム-スミシュンタと面接官-」
2011.03.10-12 オムニバス公演「ファーストフードコネクション -he’s lovin’it-」
2011.04.9-10 テアトロリストランテ「底抜けビルディング-崖の上のキミの家-」
2011.04.17 Caffeine LIVE Vol.8参加作品「キンチョーム-スミシュンタと面接官-」
2011.06.05-06 Pair Play Parade参加作品「スーパードライビングスクール!!‐ワタシの500m逃走‐」

2012.02.05 まちかど突然劇場第4弾参加作品「フリートークプレイその1」
2012.02.25-26 Sapporo Show-Case2012参加作品「笑ってもいい女友達-極道のイドラ 増刊号-」
2012.04.21 DJ and Pefourmance event「ピーマン」参加「キンチョーム-スミシュンタと面接官-」
2012.05.18 登牛門-BULL’S GATE-参加「キンチョーム-スミシュンタと面接官-」
2012.05.25-27 帰ってきたプレ旗揚げ公演「カウンターアタックレディ-反撃する彼女たちの4つの秘密-」
2012.07.15 RHAPSODY vol.7~週刊少年X~参加「読めないコミック-先生の来世にご期待ください-」
2012.11.10-12 本当の旗揚げ公演「極道のイドラ-彼の超豪華な思い込み-」

2013.06.23 RHAPSODY vol.8~月が綺麗な夜ですね~参加「しんぶんしの妖精」「キンチョーム-那須ちゃんへの告白-」
2013.11.21-24 第2回本公演「さむらいスター-富士時代の四天王-」

2014.08.16-17 教文短編演劇祭2014参加作品「キンチョーム-I Wanna Be Your Boyfriend-」
2014.10.13 パセリス合同公演「時をかける小2」

2015.02.07 ど・どしのぎ祭(愛知県)参加作品「キンチョーム-I Wanna Be Your Boyfriend-」
2015.02.15 旅×8 参加作品「キンチョーム-I Wanna Be Your Boyfriend-」
2015.02.27-03.01 劇王 天下統一大会2015参加作品「キンチョーム-I Wanna Be Your Boyfriend-」
2015.08.01 RHAPSODY vol.9~198Zero~参加作品「朗読劇」
2015.08.15-16 教文短編演劇祭2015参加作品「本命キラー-あきちゃんのです、ブログ-」

2016.01.29-31 第1回神奈川かもめ短編演劇祭 参加作品「本命キラー-あきちゃんのです、ブログ-」
2016.03.03 「短編演劇祭でコントだって言われちゃった劇団の集まる演劇祭」主催
「グッと嫁ぐ」を披露し、見事に演劇とコントの狭間として優勝

2017.08.12-13 教文短編演劇祭2017 参加作品「言いにくいコトは、、」(5人版)
2017.09.15-17 劇王Ⅺ ~アジア大会 参加作品「言いにくいコトは、、」(3人版)

 

受賞歴

「教文短編演劇祭2014」優勝(「キンチョーム」)
「教文短編演劇祭2015」準優勝(「本命キラー」)
「短編演劇祭でコントだって言われちゃった劇団の集まる演劇祭」優勝(「グッと嫁ぐ」)
「教文短編演劇祭2017」優勝/オーディエンス賞(「言いにくいコトは、、[5人版]」)/俳優賞(熊谷嶺)
「劇王Ⅺ~アジア大会」準優勝(「言いにくいコトは、、[3人版]」)