教文短編演劇祭で2度優勝し、全国の短編演劇大会でもその実力を見せてきた 札幌のシアターユニット「星くずロンリネス」。

6月に4年半ぶりとなる単独公演を控える中、初のワークショップを開催。

星くずロンリネス唯一のメンバー・上田龍成が短編演劇や数々のイベントを通して学んできた「読解」と「表現」を伝えます。日替わりでウェイビジョンメンバーも参加します。
きっと、何かの役に立つワークショップです。

教文短編演劇祭で優勝した理由がわかるかも?

「星くずロンリネス ワークショップ」

開催日:2月17日(土)、3月3日(土)
参加費:1回 500円
対 象:演劇に興味のある15歳~35歳までの男女
(中学生不可/未成年者は保護者の承諾が必要)
会 場:あけぼのアート&コミュニティセンター 1階 音楽室
(札幌市中央区南11条西9丁目4−1)
定 員:10名

 

■2月17日(土)19時~21時30分
「劇作家の魔法の言葉」

上田龍成/熊谷嶺/石鉢もも子

■3月3日(土)19時~21時30分
「20分で伝えられること」

上田龍成/中島麻載/石鉢もも子

※3月3日の参加者は「小説・雑誌・チラシ・説明書・漫画など文章の書かれた紙媒体」を持参して下さい。ワークショップの中で使用する予定です。(口語で書かれたものが使用しやすいです)

※各回、若干ですが違う内容を行ないます。どちらか一方の参加も可能です。
※あまり運動量は多くないですが、動ける服装でお越しください。

 

<申し込み>


※パソコンの場合、Shiftキーを押しながら選択すると2つ選ぶことが出来ます。

キャンセルの場合はこちらからメールをお送りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です